お問い合E
経営理念

経営理念

挑戦なくして発展なし!

経営指針

1.

創意と工夫で、常に前進しよう!

2.

自社の強みを伸ばし、常に自信を持って仕事をしよう!

3.

社員および家族の幸福達成へ、常に思いやりの気持ちを持って
協力しよう!

4.

積極的に地域社会にかかわり、社会の一員として奉仕の心を持とう!

5.

会社が何をしてくれるかより、自分が会社に何ができるのかを
考えよう!

 

2021年2月1日                                
株式会社日興製作所                      
代表取締役社長 久米 正啓

 

ハートアクション(HEART ACTION ) 2025 
2021〜2025年度

Half Expense & Result Twice の頭文字をとって命名したもので「 半分の経費で2倍の成果 」を達成するの意味です。又 組織活動はハート「愛」をもって初めて交流することが出来る。
この二つの意味をもっています。

1. 目的 
  2度目の東京オリンピック・パラリンピックが開催される2021年を節目の年とし、(2060年. 創立100周年)を発展的にむかえられる企業づくりをする。常に挑戦し続ける集団であること。
2. 主体
  ”社員一人一人が主人公” をモットーに個人が自立的なプロのエキスパートになること。又 その個を統合した自立的なプロ集団になる。
3. 媒体
  ICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)をベースに、あらゆる具体的な施策を考える。 
4. 課題
1)
利益体質の確保

付加価値の向上の活動と継続に取り組む。

2)
財務体質の強化
自己資本の充実に取り組む。2025年で2020年比較の1/4(長期借入金の削減)
3)
生産体質の強化
すべてのステークホルダーのご協力をいただきスピードのある効率的生産を達成する。 
4)
 品質体制の確保
ISO9001の運用による標準化の促進により限りなく「不良0(ゼロ)」を目指す。
5)
環境配慮の強化
ISO14001の活動として、CMS・BCM(P)の維持・向上と生物多様性保全活動に取り組む。
6) 
営業体質の強化
当社の強みを生かし、お客様のご要望に応えるとともに、提案型の営業に取り組む。
7)
CSR活動の推進
社会の一員として企業活動を通じて社会的責任を果たすことに積極的に取り組んでいく。
8)
 教育体制の強化
計画的な教育スケジュールによる個人と全体のレベルアップ(企業は人(人財)なり)